包茎は病院で治してしまった方がいい!病院に行くべき2つの症状とは

包茎の種類を知って病院に行くかどうか決める

包茎には大きく分ければ3つの種類があり、そのうちの2つの症状の場合は病院での治療が必要になります。まず種類としては仮性包茎、真性包茎、カントン包茎という種類がありますが、仮性包茎は性交渉時に勃起すれば亀頭部が露呈しますから、問題無く性交渉をおこなえるものであり、日本人の大半がこの状態です。真性包茎とカントン包茎という2つの症状は病院で治療が望ましく、これは放置すれば健康にも問題があるタイプでしょう。

病院で保険適用される包茎

真性包茎とカントン包茎の2つの症状は病院治療が必要なのですが、これは保険適用で治療可能な包茎であり、真性包茎は亀頭部を露呈出来ない状態ですから、皮が被った状態で亀頭と皮の間に菌が増殖してしまいますし、臭いリスクもありますから性交渉にも悪影響と言えるでしょう。カントン包茎は即刻手術治療が必要であり、亀頭部を露呈しても皮が亀頭を締め付けてしまい、それによって壊死を起こすリスクがある危険も症状ですから、早く病院に行って治す事が望ましいです。

包茎治療出来る病院の選択方法

包茎の種類を知って、病院で治療して方が良いタイプを知っても、どこの病院を選べば良いか迷うものですよね。そこで有効な事がインターネット活用した情報収集であり、各病院のサービス内容であったり、病院で手術を受けた方の具体的な情報を集める事が出来ますから、そのような情報を集めながら病院を比較して、自身に有効な所を選択する事が望ましいでしょう。比較検討する事で何を必要としているのか明確になりますし、情報収集の上で比較すると良いです。

包茎の切除手術は局所麻酔をかけて行われます。費用は5~10万円程になります。時間は20~30分程ですので簡単に終わります。