DIYで活用できる!木工品に使うネジの扱い方について

DIYの基本的な作業について

以前から注目されるようになった趣味の一つには、DIYなどの作業を挙げることができますよね。休日など空いている時間を活用して、できることは何でもトライしてみることを目的にしているものですが、DIYの中には物を作り上げることを目的にしている内容も含まれているでしょう。例えば収納用の棚を作る方法や、椅子やテーブルなどの家具類を製作する方法などもあり、住宅で必要としている家具類などを世界に一つの手作り品として作る楽しみを得ることができますよね。

木工品の製作で欠かせないもの

DIYなどで木工品を製作するような場面では、欠かせない部品があり、木材は勿論のことですが、ネジを挙げることができるでしょう。製作するアイテムによっては釘で対応することも不可能ではありませんが、一定の強度を保つ方法としては、はやりネジを使うことが最も基本的な選択肢になります。ネジは太さや長さの異なるものがあり、作り上げる家具類などに対して板の厚みなどを十分に考慮した上で、常に適切なサイズのものを使う方法で、安定した製作を行うことができますよね。

ネジを使った木工品のテクニック

木工品として家具類などを製作するような場面では、ネジを活用する場面が出てくるでしょう。このケースではテクニックを駆使する方法があり、木工品の場合ではネジを木材の中に埋め込む方法があります。普通にドライバーで締めた場合では、ネジの頭が飛び出ている状態になりますが、予めネジの頭を埋め込むように彫刻刀などを利用して穴を開けておく方法で、ネジの頭を隠すことができます。ポイントとしては3ミリ以上を深く埋め込んで、表面にはパテを用いて穴を埋める方法で、綺麗に仕上げることができますよね。

ねじの販売を手掛ける業者は、主に町工場にあります。日本のモノづくりの現場を支える存在といっても過言ではありません。