ふるさと納税とは??最近話題だけどどんなメリットがあるのか。

ふるさと納税とは??

ふるさと納税とは、2008年に第一次安倍政権の時に創設された、地方間格差や過疎などによる税収の減少に悩む自治体に対しての格差是正を推進するための制度です。この制度で、2000円を超える寄附をその人の故郷でもなくてもいいので、自治体に寄附すると住民税の約2割程度が還付し、控除されます。しかし、税金が還付されるのは確定申告した場合の所得税分のみなので、確定申告をしなければならないことを注意しましょう。

寄附すると、お礼の品が貰える

ふるさと納税で自治体に寄附すると、その金額に応じて各地域からお礼の品としてお肉や野菜・お米・果物・蟹や海老などの食べ物からお酒などの飲み物、ケーキやスナックのようなお菓子、化粧品、ネックレスやイヤリング、工芸品、電化製品など沢山の種類から選び、送ってもらうことができます。これらのお礼がきっかけになり、その地域へ旅行へ行くのもいいのかもしれません。もし、欲しいものがあったら食べ物や製品から選んでから自治体に寄附した方が個人的には得かもしれませんね。

複数の自治体に寄付ができて支援することができる

ふるさと納税の特徴として、複数の自治体に寄付することができることが挙げられます。たとえ生まれ故郷でなくても支援したりしてお返ししたい地域があるのではないでしょうか。また、使ってほしい使い道があると思います。「観光してみてあの場所はなくしてほしくない」という思いからでも支援することができます。しかも、税金の使い道をふるさと納税は指定することができます。さらに、年間に5自治体までの寄附であるのならば、寄付ごとに申請書を寄附自治体に郵送するだけで確定申告がいりません。

ふるさと納税は各地域によって貰える商品が違うので、よく調べてから行うことで、よりお得に利用することが出来ます。