政府推奨!LED照明を導入すべき三つの理由

消費電力量が少ないので家計にも優しい

LED照明は、とにかく消費電力量が少ないのが画期的なポイントだと言われています。従来の蛍光灯の数分の一の電力で済むので、日本全体がLEDを導入すれば、日本全体で消費電力量が減らせます。非常にエコですし、環境にもいい影響があります。こうした製品が出まわることで、脱原発が実現するかもしれないんですよ。政府が推奨をするのも理解できますよね。初期費用は高いですが、長い目で見ればコストパフォーマンスも最高レベルです。

水銀などの有害物質が出ないクリーンな特性

LEDは水銀灯などと違って、廃棄するときにも有害物質が出ません。ゆえに環境にも人にも優しいと言われています。こうしたクリーンな特性を持つ照明が出回れば、環境汚染をゼロに近づけることも夢ではありません。また、紫外線を出さないので人体にも優しいですし、虫も寄ってこないというメリットがあります。お店などでは、光に虫か集まってきて迷惑をしているというケースもあるでしょう。LED照明を導入すれば、そういった問題点も一挙に解決するんですよ。

お年寄りも安心の長持ち設計

LED照明は、およそ10年以上は持つとされています。つまり、それだけ長い時間電球の交換をしなくてもいいというわけです。高いところにある電球を替える作業はお年寄りには大変ですから、高齢化社会にもぴったりの製品だと言えそうですね。広い家でも電球の交換頻度が10年に一度になれば最高です。シャンデリアのような電球がたくさん使われているものにも、LEDは相性がいいと言えます。メリットたくさんなので、ぜひ導入を検討してみましょう。

LEDライトパネルの用途は様々であり、展示場で展示物として用いられたり、店頭の看板として利用されたりすることがあります。