リバブレーションチャンバーの役割とはこんなの

スマホの開発で利用される

データーのやり取りは、スマホや携帯電話を使って無線を利用してしている事は知っていると思います。そこで、リバブレーションチャンバーを使って実反射環境を作り出す事が出来ます。これは、無線アンテナの開発段階で必要になります。アンテナの性能評価を、無線機器用テスターとスマホや携帯電話を一緒に利用する事で出来るのです。リバブレーションチャンバーを活用する事により、スマホや携帯電話が性能が優れているものを作る事が可能になります。

小型化で魅力的になっている

今までは実反射環境を作ると、設備が大掛かりなものが必要になります。このことから、中小企業では導入が出来ない事がありました。最近ではリバブレ―ションチャンバーも高性能になり小型化されてきている傾向が高まっています。無線アンテナの性能検査が、一般的なオフィスでも出来るようになってきているのです。購入が低コストで出来るメリットとして、リバーブレーションチャンバーの製造コストも下がってきていている事があります。

測定出来る事はこんな事

無線端末が最近は多くなっていて、多角的な検査が開発では必要になっている背景があります。リバブレーションチャンバーを利用すると、総放射電力や双方向性受信感度やスルーブット等様々な項目が、無線端末に対して検査が可能になってきます。このために、製品開発や性能評価においては欠かす事の出来ない存在です。無線技術が無線端末の多様化により、発展してきていますので検査を効率的に行うためにも活用していく事が重要です。

リバブレーションチャンバーはスマートフォンや携帯電話の無線を使用しデーターのやり取りを行っているシステムの事を言います。